小顔メイクのポイントはまゆげと目

subpage01

小顔に見せるためには、しっかりとメイクをすることが大切です。

メイクの方法によって、顔を小さく見せることができるので、小顔メイクを研究して、日々可愛くなっていきましょう。



小顔メイクのコツは、それぞれの顔のパーツを「大きく」見せることです。



顔の面積に対して顔のパーツが小さいと、どうしても顔が膨張されて見えてしまい、大きな顔だと思われてしまいます。



逆にいえば、顔のパーツを大きく見せることによって、顔の表面積を小さく見せることができ、メイクで小顔に見せることができるのです。



コツはたくさんありますが、まずは、もともとのパーツを全方向に広げるイメージでメイクを始めます。


まゆげは形を整えつつ、目に近づけるように、すこい太めに書いていきます。



眉毛と目を近づけることによって、目を大きく見せることができるので、小顔効果があります。



アイメイクは、はじめにお肌に馴染んでいるカラーを塗っていきます。

その上に、だんだん濃くなるように、ブラウンのカラーを重ねていき、二重幅よりも少し広めにシャドウを塗ることで、目を大きくみせる効果があります。
目のキワにはしっかりと黒のアイラインを引き、目尻よりも2mmほどはみ出すことで、目を大きく見せることができます。

また、下まぶたには涙袋をつくり、目尻にブラウンのシャドーをのせると、目がぱっちりとしたお人形のような目にすることができます。

まゆげと目を大きくみせるようなメイクをすることで、顔を小さく見せることが出来ます。

関連リンク

subpage02














小顔は永遠の憧れです

「小顔」は女子の永遠の憧れ、テーマだと言えるのではないでしょうか。一言で「小顔」も方法は色々あります。...

NEXT
subpage03














小顔になる成功の秘訣はまわりの人に伝えること

なにか成し遂げたいことがあるときに、自分一人で頑張るのはすごく難しいです。コツコツと努力が出来る人であれば問題ありませんが、人は自分一人で頑張って成果を得るよりも、他人に褒めてもらうのが好きで、頑張った分褒めてもらいたい、と思っている人が多いと思います。...

NEXT